出産の前後では、体型が変化しやすいと言われています。特に腰回りが大きく変化するように見受けられますが、皆さんはどう思われますなのでしょうか?何故、出産前と後では変わってしまうのでしょう。妊娠すると、靭帯や関節を緩める「リラキシン」という名前のホルモンを体の中で分泌します。これは、産道と呼ばれる道を確保して赤ちゃんが通りやすくなるように、その周辺にある骨盤の恥骨結合や仙腸関節を緩めるように働きかけるのです。そして、赤ちゃんの成長に伴って、骨盤もますます開いてゆがみやすくなっていきます。しかし、出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)後は筋力(加齢とともに?えていくので、できるだけ日常的に意識して鍛えることが大切ですね)の低下もあって、骨盤が出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)前の状態には戻りにくいようと言われているのです。それに、妊娠中に赤ちゃんがお腹の中で元気に動き回る事で、骨盤が歪んでしまう事も一因として挙げられます。歪んでいる状態では腰回りが大きくなったり、体型の変化が起こるだけではなく、背骨や周辺にある筋肉にも余分な負担がかかってしまい、肩こりや腰痛などの痛みまでも引き起こします。出産後は骨盤が不安定なため、歪みやすい時期ではあるのですが、反対に矯正しやすい時期でもあるのです。何もしないでいると、歪んだまま固まってしまって、体型や健康状況も良くない状態に向かってしまいますね。でも、この矯正しやすい時期を上手く活用すれば、出産前より綺麗な体型にする事も可能なのです。この出産後の骨盤(上下左右に動く骨で、姿勢が悪いと歪んでしまいます)の不安定な時期を活かすも殺すもあなた次第とはいっても、せっかくの貴重な時期を活かして骨盤(開き気味でも閉じ気味でも、心身に不具合を生じさせると考えられています)をリセットしてみませんかー